虫歯・歯周病|栃木県宇都宮市にある歯科医院

虫歯・歯周病

虫歯進行段階とその治療法

虫歯とはミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯は怪我などとは違って自然に治ることがなく、放っておくとどんどん悪化してしまいます。通常、程度によってC1~C4に分類されます。

C1:歯の表面(エナメル質)のむし歯

自覚症状はなく、痛みもありません。この段階のむし歯は適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治ります。

C2:歯の中(象牙質)のむし歯

自覚症状はなく、痛みもありません。この段階のむし歯は適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治ります。

歯周病

詳しくはこちら

C3:神経まで進行したむし歯

この段階までくると、激しい痛みを感じます。この段階では神経をとる治療が必要となります。神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。

歯周病

詳しくはこちら

C4:歯の根まで進行したむし歯

この段階までくると、激しい痛みを感じます。この段階では神経をとる治療が必要となります。神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

高周波治療器による根管治療

当院では抜髄(神経をとる処置)を行う際に、高周波治療器を使用しております。
高周波電流は狭いところへ向かって流れ、そのエネルギーを熱に変える性質を持っています。この特徴を利用することで抜髄(神経をとる処置)では、歯の根の先端とその根の中の枝にいたる、歯髄組織にタンパク凝固を起こさせます。その上で機械的に感染した歯髄を除去することで確実な抜髄が可能です。
歯の根は複雑な形態をしており、手法ではどんな熟練した先生でも、なかなか神経をとりきれるものではありません。そこで当院では、高周波治療を積極的に行っております。

高周波治療器による根管治療

歯周病とは…?

歯周病の主な原因は歯垢(プラーク)と歯石です。歯垢(プラーク)とはさまざまな種類の細菌の塊で、歯石とはこの歯垢の死骸の塊です。これらは歯磨きを怠ったり、磨き残しがあると異常に繁殖し、それらが産出する毒素や酵素によって、歯周組織の炎症や歯槽骨の吸収を引き起こします。
これら歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」の二種類に分類できます。

歯周病とは…?

歯周病の治療法

歯周病の治療法

歯周病の原因は歯垢・歯石ですから、これらを溜めない、増やさないことが大切です。 そのためには正しい歯磨きの方法で毎日ブラッシングを行うことです。歯の表面の歯垢・歯石がない状態を維持することが歯周病のもっとも基本的な治療法・予防法です。

歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。

矢印

力を入れすぎず、軽く磨きましょう。

矢印

歯ブラシは細かく動かします。

矢印

1ヶ所あたり10回~20回程度、磨いてください。

スケーリング・ルートプレーニング

超音波の器具、または手用の器具を使用し、歯周ポケット内部の歯の表面に付着した歯垢・歯石をとり、歯の表面を滑沢にします。通常、歯科衛生士が行う治療です。 歯茎がはれた状態でスケーリング・ルートプレーニングを行うと、痛みを伴うことがありますので、当院ではまずブラッシング指導を行い、腫れがおさまってから治療に入ります。

スケーリング・ルートプレーニング
矢印
スケーリング・ルートプレーニング

高周波治療

高周波治療器を使用することによって、歯周ポケット内に存在する細菌(バイオフィルム)を破壊します。高周波の(熱)を利用することで、薬剤療法のように細菌が薬剤耐性能力(耐性菌)を持つことがなく、ポケットの早期付着が確認でき、骨の再生が早まります。

高周波治療
矢印
高周波治療

あくまでも大切なのは毎食後のブラッシングです。これらの治療を行うことで症状が改善しても、正しいブラッシングを怠ると、また以前の状態に戻ってしまいます。正しいブラッシング方法を身に付けて、自宅でもきちんと歯磨きすることが歯周病の治療・予防ではもっとも大切です。また定期的にプロによるクリーニングを受けることも効果的です。

左枠

QRコード

てづか歯科

〒320-0075 栃木県宇都宮市宝木本町1144-43
TEL:028-627-2900

アクセスはこちら

地図

右枠

TEL:028-627-2900

Copyright てづか歯科.All Rights Reserved.